長さの寸法線を直列に並べたいとき1つ1つ記入できる寸法コマンドで記入できます。(※AutoCAD Mechanicalでは[水平][垂直][パワーディメンジョン]など)
ただ、寸法補助線の起点が少ないときはよいのですが、起点の数が多くなると結構面倒です。
そんなときに便利な[複数の寸法(AMAUTODIM)]コマンドがあったので使ってみました。

コマンドを実行する!

[複数の寸法(AMAUTODIM)]コマンドは、リボンメニューの[注釈]タブの[寸法記入]パネルにありました。

タイプを選択する!

記入する寸法線のタイプを[複数寸法記入]ダイアログボックスから選びます。
今回は直列に並ぶ寸法線を記入したいので[平行]タブにある[タイプ]のなかから[直列寸法]を選択しました。

オブジェクトを選択する!

長さ寸法線の範囲は起点を指示のではなく、オブジェクトを選択するようになっていました。
ここで選択したオブジェクトが持つ点(端点など)が起点として認識されました。

寸法線の位置を指示する!

1番目の寸法補助線の起点、寸法線を位置を指示しました。

指示すると直列に並んだ寸法線を一度で記入できました。

ちなみに[複数寸法記入]ダイアログボックスにある[両方の軸]にチェックを入れるともう一方の寸法線も続けて記入できました。


【動画で見てみましょう】