覚えておきたいCAD機能・CADコマンドの使い方を簡単にまとめました!
CAD百貨ブログ- CAD機能万覚帳 –

AutoCADで伸縮させる長さを指定して線の長さを変更してみました

最終更新日 2020年2月21日

作図してある線分の長さを指定した長さ(距離)だけ増減したくて[トリム]コマンドや[延長]コマンドを実行してみましたができないようです。
線の長さを20mm伸ばしたい、または、20mm縮めたいときは[長さ変更(LENGTHEN)]コマンドが使えるようです。

入力した数値分、線を伸縮させる

[長さ変更(LENGTHEN)]コマンドを実行するには、リボンメニューの[ホーム]タブ-[修正]パネルを展開させて[長さ変更(LENGTHEN)]コマンドを選択します。

[長さ変更(LENGTHEN)]コマンドを実行したら、コマンドラインからオプション[増減(DE)]を選択します。

続けて、伸縮させる長さ(距離)を入力します。ここで入力する数値は線全体の長さではなく、伸縮させる分の数値なので注意が必要です。
また、伸ばしたいときは正の数値(例:20)、縮めたいときは負の数値(例:-20)を入力します。

数値を入力したら伸縮させたい線の端点にクロスヘアカーソルを近づて、クリックすると線の長さが変更されます。

このコマンドは連続して実行できるので、同じ長さで複数の線の長さを増減させたいとき便利ですね。

ダイナミックグリップで伸縮させる

何もコマンドを実行していない状態で線を選択すると表示される「グリップ」を使って線の長さを変更することもできます。

伸縮させたい側の端点にあるグリップにクロスへカーソルを乗せてから、表示される「ダイナミックグリップメニュー」から[長さ変更]を選択するか、マウスの左ボタンをクリックすると、入力した数値分、線を伸縮させることができます。

こちらの方法は長さを伸縮させたい線が1本のときは便利ですが、複数本あるときは手間がかかりそうですね。

【ダイナミックグリップメニューが表示されないときは】

[オプション]ダイアログボックスを開いて、[選択]タブの[グリップ]欄にある[ダイナミック グリップ メニューを表示]のチェックをオンにしてみてください。

参考記事

CAD機能万覚帳 - 投稿 | Facebook
[AutoCAD機能] 伸縮させる長さを指定して線の長さを変更してみました - YouTube
(AutoCAD)伸縮させる長さを指定して線の長さを変更してみました | CADソフト専門店CAD百貨
LENGTHEN[長さ変更] (コマンド) | AutoCAD 2016 | Autodesk Knowledge Network

Warning: file_get_contents(https://knowledge.autodesk.com/ja/support/autocad/learn-explore/caas/sfdcarticles/sfdcarticles/kA230000000u2lY.html): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.0 404 Not Found in /home/ccube/cadcam.ne.jp/public_html/cad100blog/wp-content/themes/cad100blog-2020-motivpress-child/public/functions.php on line 73
AutoCAD LT(オートキャドLT) | 正規認定販売店 CAD百貨